黒乳首を美白する3つの方法

黒乳首のアンケート結果
黒乳首が原因で彼氏と別れている人は非常に多いです。画像は乳首の黒ずみに対する男性へ行われたアンケートの結果となります。

実際の所は経験人数と乳首の色は関係が無いのですが、男性の印象は決してよくありません。

今、黒乳首を薄くしてピンクにしたいって女性は非常に多いんですよ。

黒乳首を薄くする方法は3つあります。

  1. ハイドロキノン
  2. 乳首美白クリーム
  3. 美容クリニックでの治療

この中でも圧倒的に人気となっているのが美白クリームによる対策です。費用が安く厚生労働省が医薬部外品として認めている化粧品も多いので利用者は増えているんです。

この3つの美白対策にはそれぞれメリットやデメリットがあるのでひとつづつ解説していきます。

乳首も陰部も黒ずみは美白できる!医薬部外品を使ってケア

男性が女性のからだの中でも気にするのが乳首や陰部などのデリケートゾーンです。この2か所は色が黒いことで最悪の印象を持たれてしまうことになります。

しかし、どちらの部位の黒ずみに関しても原因は同じです。そのため、美白をする方法についても全く同じことが言えます。

乳首の色が黒い原因は体質や肌のケアや生活習慣が関係をしています。そのため、乳首が黒い人は陰部が黒いことも多いです。

どちらの部位に関しても簡単に美白ケアをするのであれば、有効なのは医薬部外品となっている黒ずみクリームを使うことです。顔用の美白化粧品とは違い、デリケートゾーンをケアできるように肌に優しい成分を使って作られています。

自宅で乳首や陰部の黒ずみをどうにかしたい人は医薬部外品を使うようにしましょう。

陰部の黒ずみケアまとめ!5種類の美白ケア方法を解説!

ハイドロキノンでメラニンを除去

ハイドロキノンとトレチノインと呼ばれる医薬品クリームを使って黒い原因であるメラニンを除去する方法となります。メリットとしては医薬品だけあって効果が高いことです。

ただ、医薬品だけあって副作用もありデメリットが非常に多いことで有名です。

具体的には肌荒れ、乳輪が大きくなる、乳首にニキビができる、胸が硬くなる、乳首の色が濃くなるなどの症状が上げられます。病院で処方して貰える薬となるのですが、刺激が非常に強いのでバストに塗ることで、様々な副作用が起きます。

特に片方だけ乳輪が大きくなってしまうこともあり、左右のバランスがおかしくなり後悔している人も多いので、リスクがある方法です。

乳首美白クリームで美白対策

低刺激で作られた乳首の美白クリームが販売されています。黒ずみクリームとも呼ばれることもあり、乳首・デリケートゾーン・膝・ワキなど様々な部分に使え利用者も非常に多いです。

医薬部外品となるので薬よりも効果がゆるやかではあるのですが、厚生労働省が定める有効美白成分が配合されており、効き目を感じている人が多いのもポイントです。

デメリットとしては薬局やドラッグストアでは販売がされておらず、通販限定で販売されている商品がほとんどです。有効美白成分が配合されていない為、医薬部外品としての認可の下りていないクリームであれば市販されていることもあります。

美容クリニックでレーザー治療

専門の医者と相談しながら治療を行えるので安心してできるのが美容クリニックでのレーザー治療です。

1回の治療費自体は2万円程度なのですが、複数回レーザー照射をしてメラニンを除去し色をピンクにしていくので最終的な費用は20万円以上かかることも多いです。

他の方法と比べて効き目が早い訳ではないのですが、お医者さんと相談しながら行えることもあり、高額な出費ができる人に人気の方法ではあります。デメリットとしては圧倒的に金額が高くなることです。

黒乳首を薄くしたい人に人気の方法

黒乳首を薄くしたい人に人気の方法は医薬部外品となっている乳首の美白クリームを利用することです。

医薬部外品となっているので人体に与える影響は無くデメリットも市販されていない程度です。一昔前に乳首ピンククリームなんて名称で販売されていた有効美白成分が配合されておらず、効き目がないと口コミで評判の悪かったのとは違い、効き目を感じている人は多いです。

今でも医薬部外品になっていない単なる着色するだけのクリームもあるので、購入の際はきちんと確認をした方が良いです。

通販購入での販売となっていますが、代金引換便での発送に対応していることも多く、商品が届いた際に購入費用を払えばいいのでクレジットカードを利用する必用もなく、安心して利用することができるようになっています。

家族や配送業者にもばれないように梱包を無地の箱にしたり、美白クリームのデザインも普通の化粧品と変わらないデザインとなっているので部屋に誰にもばれないように利用できる配慮がされています。

人気の黒乳首をピンクにするクリーム

黒乳首をピンクにしたい人に人気のバストトップ用の美白クリームですが、様々な種類があります。
人気であるもののほとんどは医薬部外品として厚生省より認められたものが多いですが、色々なものが販売されているのですね。

人気のであれば「ホワイトラグジュアリープレミアム」
陰部の黒ずみケアもしたいって人であれば「イビサクリーム」

などなど、人気のクリームは色々とありますが、それぞれ特徴も異なってきます。
そのため、あなたに人によってどのクリームを使うと良いのかは異なってきます。

人気のバストトップをピンクにする効果があると評判のクリームを実際に使って、口コミを書かれているサイトがあったので紹介しておきます。
どんな特徴のあるクリームかをしっかりと選んで使った方が良いかと思います。

黒乳首をピンクにすることはできる?

黒乳首の美白を実践するも失敗する人は多いです。多くの人が間違った方法を実践してしまうので思ったような効果を得ることができていないのです。

  • ハイドロキノンの副作用を知らずに余計に黒乳首になってしまった
  • 有効美白成分が配合されていないクリームを使ってる
  • 効き目がすぐにあらわれると思っている

正しい美白ケアを行っていない人もいれば、1ヶ月程度で効果があらわれると勘違いしている人も多いです。3週間程度利用したことで効き目があらわれたって口コミも非常に多いですが、ピンクになったと書かれていることはありません。

皮膚のターンオーバーは28日周期で行われているので黒乳首がピンクにすぐになるなんてことはないのです。

あくまで効き目を実感するようになっているだけなので、勘違いをしてしまうと1ヶ月だけ美白ケアを行いあきらめてしまう人も非常に多いです。

色をピンクにするなら

黒乳首となっている原因はメラニン色素の色素沈着です。メラニンが肌の細胞についてしまっているので色が変化しているように見えているのですね。

そのため、乳首をピンクにするのであればこのメラニンをどうにかするしかありません。

体内で作られる物質となるのですが、作られる原因としては肌に与えられた刺激から守るためです。メラニンは刺激から守る役割をしているので、刺激が与えられれば過剰に分泌されるようになってしまうのですね。

色をピンクにしたいと考えるのであればできるだけフィットするブラジャーを付け、下着がずれてバストトップに擦れて摩擦を与えるようにするのを防ぐようにしましょう。

まとめ!乳首も陰部も黒ずみは美白できる

乳首や陰部の色で悩んでいる女性は非常に多いです。しかしながらあきらめる必要は全くありません。

 

自宅でケアをしたいのであれば、医薬部外品のクリームを使う方法があります。

高額な医療費が気にならない経済的な余裕のある人ならレーザーでの治療の選択肢もあります。

そして、副作用がありリスクも高いですが、医薬品を使った方法もあります。

 

黒ずみを美白したいと思うのなら実際に行動を移すだけなのですね。但し、勘違いをしてはいけないのが、どの方法にしろすぐに結果がでる訳ではないことです。

 

皮膚の生まれ変わりであるターンオーバーは3か月ほどの期間をかけて行われています。そのため、どの方法でも最低でも3か月はケアを続ける必要があります。

 

結局はダイエットと同じで行動をするかしないかでしかありません。どうしても面倒だと後回しにしてしまうこともありますが、それだとずっと考え続けなければなりません。それならいっそきちんとケアをしていくのがおすすめとなります。