乳首が色素沈着する原因は何?人によって乳首の色が違う理由!

乳首の色が友人よりも黒いと感じているなんてことはありませんか?
もしそうであれば、原因は乳首に色素沈着をしている為です。

アジア人は乳首が黒い人は多いですが、理由がふたつあります。

  1. 白人と比べると色素を持っている
  2. バストトップのケアをしていない人が多い

日本人の女性の多くは顔のケアは気にするもののバストトップのケアをしている人は多くありません。
そのため、色素沈着が起こしやすい為、色が黒くなってしまうことも多いです。

乳首が色素沈着する原因やどのようなケアをすれば良いのか解説していきます。
あなたの乳首の色が友人や周りよりも黒いと感じており、どうにかしたいと思っているのならご覧ください。

乳首が色素沈着する原因は乾燥

肌は刺激を与えることによってメラニンがからだの中で作られ分泌をします。
メラニンは色素を持っているため、乳首に付着をすることによって色素沈着をします。

最も広く知れ渡っている症状としてはシミがありますが、これは紫外線による刺激で色素沈着をしているのが原因となっています。

バストケアをしていなければ乳首の顔と同じように皮膚で作られている為、乾燥をしてしまいます。
乾燥をするとバリア機能が弱まってしまい、刺激を軽減することができません。

そのため、乳首に刺激を与えてしまうメラニンが分泌され色素沈着をしてしまいます。

刺激となる原因としては下着のずれです。
ブラジャーが擦れた摩擦によってメラニンがからだの中で作られ分泌をしてしまうことになります。

日本人はあまりバストのケアをしません。
そのため、乾燥をしやすく色素沈着をしてしまう人が多いのですね。

乳首が色素沈着をしたらどんなケアをすれば良い?

すでに色素沈着をしてしまい、色が黒くなってしまっているのであればきちんとバストケアをするようにしましょう。
バスト専用の美白クリームが販売がされています。

乳首のケアをすることによって肌に潤いを与え保湿をすることができます。
また、配合されている美白成分によってメラニンの生成を抑えることができます。

そのため、乳首が色素沈着をするのを防ぐことができるのですね。
しかし、これではすでに色素沈着をしている人は意味がないのではないかと勘違いをする人もいますが間違いです。

肌にはターンオーバーと呼ばれる周期によって新しい皮膚の細胞が作られるようになっています。
古くなった皮膚の細胞に関しては角質として剥がれ落ちるようになっています。

そのため、色素沈着した乳首の皮膚を角質として外に落とし、新しい皮膚にすることができるのですね。

多くの人は何もケアをしていないので新しい皮膚が作られてもメラニンが分泌をされています。
そのため、色素沈着したままが続いているのですね。

色素沈着した皮膚を剥がすターンオーバーを促進させる方法

早く美白をしたいって人も多いかと思います。
そのため、ターンオーバーを促進させるにはどうすれば良いのか調べるものです。

ターンオーバーを促進させる為に大事なのは保湿をすることです。
肌が潤った状態にすることでバリア機能やターンオーバーなどもともと肌が持っているきれいにしようとする働きが正常に行われるようになります。

そのため、ターンオーバーを促進させることができるのですね。

乳首用の美白クリームに保湿成分が配合されているのには潤いを与えるだけではなく、ターンオーバーを促進させる為でもあるのですね。
色素沈着をした黒乳首はきちんとケアをしてあげるようにしましょう。

黒乳首を美白してピンクにしたいへ