乳首ピンククリームは薬局やドラッグストアで市販されている?

乳首ピンククリームなんて呼ばれる美白クリームですが、薬局やドラッグストアに販売されていないかと探す方も多いかと思います。

店頭に販売されていれば仕事帰りなどに簡単に購入することができますからね。

結論からすると乳首ピンククリームは薬局やドラッグストアで販売はほとんどされていません。一部、ドンキホーテなどの店舗で販売されていることもありますが、あまり店頭に並んでいないことがほとんどです。

また、販売がされていても美白成分が配合されているクリームなのかきちんと確認をしないと失敗することになりかねないです。

なぜなら乳首ピンククリームなんて呼ばれ方をされていますが、2種類存在しているからです。ここでは何故薬局やドラッグストアに販売がされていないのか?

また何故きちんと確認をしないと失敗するのか解説していきます。

乳首ピンククリームが薬局で販売がされていない理由

何故、乳首ピンククリームが薬局などであまり販売がされていないかの理由は販売しているクリームの通販サイトを見れば分かります。

どのクリームも共通して書かれていることがあります。それが家族にばれないように発送手配をしてくれることです。

大抵の人は乳首の色が黒いなんて知られたくのない悩みです。だからこそ周りにも相談することができず、長年悩み続けていたりします。

こういった人に知られたくないような悩みのものだとレジに持って行きづらかったり、店員さんに販売している棚を聞いたりするのも恥ずかしいものです。そのため、あまり店頭に並べても売れ行きが良くないなんていわれています。

最近では多くの人が通販を利用をしていますし、販売会社からしても自社の販売サイトで購入できるようにすれば人件費などのコストを抑え、安く販売が可能となります。そのため、通販限定で販売しているのがほとんどなのですね。

乳首ピンククリームや薬局で購入すると失敗する?

ドンキホーテなどの百貨店などで販売がされている乳首のクリームがあります。ただ、乳首ピンククリームにも2種類存在するので勘違いして購入してしまうと期待している効果があらわれないので失敗してしまうことが多いです。

主に通販での販売が主流となっており、ネットでも話題となっており雑誌やTVでも紹介されたり人気となっているのであれば医薬部外品となっている乳首の美白クリームです。

もうひとつの種類としてあるのが乳首に着色するクリームです。これは口紅と同じようにピンク色の物質が配合されているため、塗ることでピンク色にする効果が期待できます。

ただ、美白成分が配合されていなければ美白効果はありません。一時的に色を変化させるものとなるので洗い流したり、ブラに擦れてしまえば色が落ちることもあります。

乳首の美白クリームをピンククリームなんて呼び方をしている人も多いので勘違いして購入してしまう人も多いのですが、2つは効果は全く違うのですね。そのため、薬局やドラッグストアで購入するのであれば、どちらのクリームなのかを間違えないように注意が必要です。

ただ、ネットで人気となっているような美白クリームに関しては通販限定になっていることが多いです。

クリーム選びで失敗しない為の見極め方

2種類のうちどちらのクリームかを見極める方法は簡単です。

それは医薬部外品と表記がされているかです。有効美白成分が配合されていなければ美白効果としての医薬部外品としての認可が下りる訳もありません。

そのため、医薬部外品としてパッケージに書いてあるかなどで判断することができます。また、ネットで話題となっているような乳首の美白クリームに関してはほとんどが通販限定での販売となっています。

効果は全く異なるので欲しい乳首のクリームを間違えないようにしましょう。